人気ブログランキング |

茶道具よしの園のブログ

yoshinoen.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 05日

永楽保全

模古染付 騎馬山水文茶碗
d0163196_163755.jpg

d0163196_1661296.jpg


■永楽保全(えいらく ほぜん、1795年(寛政7年)-1854年(嘉永7年)9月16日)
19世紀に活躍した京焼の陶芸家。 千家十職の一つ、土風炉師・善五郎の十一代である。幼名は千太郎、1806年頃に十代善五郎である永樂了全の養子となる。十一代善五郎を襲名したのは1817年。1843年に息子の和全に善五郎の名を譲って善一郎と名乗り、さらに1848年には保全(やすたけ)と名乗りを変えた。このため、没後は他の善五郎との区別のため保全(ほぜん)と呼ばれる。
土風炉師・善五郎として代々制作した土風炉の他、茶碗、向付や蓋物など様々な作品がある。交趾焼、安南焼、金襴手など陶器・磁器の双方を手掛けており、オリジナル、写し(コピー、本歌取り)ともに優品が多い。特に写しの作品は京焼としてアレンジし、洗練された高い完成度が見られる。

by yoshinoen | 2013-08-05 16:15 | 作家紹介