人気ブログランキング |

茶道具よしの園のブログ

yoshinoen.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 29日

あやめ

鉢のあやめが咲き始め、とても綺麗です。
もうすぐ端午の節句。
GWの後半も天気が良いといいですね!
d0163196_18264981.jpg


by yoshinoen | 2013-04-29 18:28 | その他
2013年 04月 25日

杉原幸治

市松模様のモダンな水指が入りました!
d0163196_17133375.jpg

丹波焼 金銀釉水指  杉原 幸治 作

by yoshinoen | 2013-04-25 17:19 | 作家紹介
2013年 04月 22日

売出し

d0163196_17275497.jpg

昨日より売出しがスタートしました!
この二日でたくさんの方にご来店いただきました。
ありがとうございます!
30日までしておりますので、
皆様のお越しをお待ちしております。

by yoshinoen | 2013-04-22 17:38 | その他
2013年 04月 15日

決算大売出し

今日はとても暖かく気持ちの良い一日でした。
さて、来週より売り出しを致します!
お近くの方は是非是非お越しくださいませ。
お待ちしております。
d0163196_18531072.jpg


by yoshinoen | 2013-04-15 18:54 | その他
2013年 04月 14日

天猫

d0163196_23344649.jpg
d0163196_233524.jpg

天猫 甑口釜(こしきぐちかま) 松竹梅地紋   大西浄心 極 

■天猫(てんねこ)
芦屋釜と並び称される関東の代表的茶の湯釜で,下野国(栃木県)佐野天明の地で鋳造されたものを天明と言い、相模小田原(一説に栃木県大田原)にも天明釜の分派があり,小田原天猫,猫天明などと呼ばれている。

by yoshinoen | 2013-04-14 23:52 | 茶道具
2013年 04月 14日

熊谷保興

d0163196_2101486.jpg

d0163196_2105091.jpg

上野焼 肩付茶入 替仕覆付     熊谷保興 作  仕覆 左:弥左衛門間道 右:大燈金襽

■熊谷 保興(くまがえ やすおき)
上野焼の作家。熊谷本窯窯元。昭和15年(1940)熊谷紅陽の長男として生れる。昭和37年(1962)金沢美術工芸大学彫刻科卒業。辻清明に師事。昭和45年(1970)日本伝統工芸展入選。昭和48年(1973)日本工芸会正会員。昭和50年(1975)上野焼熊谷本窯第16代を襲名。昭和59年(1984)国指定伝統工芸士認定。熊谷本窯は、明治35年(1902)熊谷九八郎(1856~1923)が地方産業奨励の補助金を受け上野焼を再興、熊谷本窯を創立し、上野焼12代半七より代を襲名し上野焼13代を称する。
14代龍峰(1888~1972)、15代紅陽(1912~1992)、当代16代保興。

■上野焼(あがのやき)
福岡県田川郡香春町、福智町、大任町で焼かれる陶器。
江戸前期に高名な茶人でもあった大名、細川忠興が小倉藩主となった際、朝鮮人陶工、尊楷(上野喜蔵)を招いて、豊前国上野に登り窯を築かせたのが始まり。江戸時代には遠州七窯の一つにも数えられるほど、茶人に好まれた。明治期には衰退の様相を見せたが、1902年に復興、1983年には通産省(現在の経産省)指定伝統的工芸品の指定を受けた。

by yoshinoen | 2013-04-14 02:33 | 作家紹介
2013年 04月 12日

竹蓋置 一双

d0163196_1422141.jpg

d0163196_143934.jpg

有馬 賴底 作

■有馬 賴底(ありま らいてい)
1933年東京に生まれる。久留米藩主有馬家(赤松氏流)の子孫。1941年大分県日田市臨済宗岳林寺で得度。1955年京都臨済宗相国寺僧堂に入門。大津櫪堂老師に師事。1968年相国寺塔頭大光明寺住職。1971年相国寺派教学部長。1984年相国寺承天閣美術館設立により事務局長。1995年同館長。1988年京都仏教会理事長に就任。1995年臨済宗相国寺派七代管長(相国寺一三二世)に就任、同時に鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)住職を兼ねる。

by yoshinoen | 2013-04-12 14:09 | 作家紹介
2013年 04月 09日

サッカーボール

珍しい商品が入ってきたのでちょとご紹介。
サッカーボールの水指と茶碗です!
水指のつまみは、なんと笛!!
遊び心があります。
こどもの日にちなんでこのような道具を使って
お茶会をしたら楽しいでしょうね。
d0163196_15105011.jpg

サッカーボール水指 茶碗   中村 良二 作

■中村 良二(なかむら りょうじ)
 昭和30年 京都東山に生まれる。中村秋峰の弟。
 昭和54年 京都府立 陶工高等技術専門学校 成形科 研究科修了。
  その後 井上春峰・中村翠嵐・中村秋峰に師事し京焼・清水焼を好み日々研鑽している。

by yoshinoen | 2013-04-09 15:44 | 茶道具
2013年 04月 08日

江上開瑞雲

4月に入り、今日が入学式の所も多いのではないでしょうか。
また、新しいスーツに身を包み歩いている姿も良く見かけます。
これから新緑が綺麗な季節になりますね。
なんだか気持ちが明るくなってきます。

d0163196_1605061.jpg

 江上開瑞雲   雪窓 筆

 ■江上開瑞雲(こうじょうにずいうんひらく)
河の上空に奇瑞をあらわす瑞雲がたちこめる、というめでたい句。
無心に存在する河と時と共に突然わき起こった瑞雲は人為的世界の外にある幸運の訪れを意味する。
*奇瑞…めでたいことの前兆として起こる不思議な現象。瑞相(ずいそう)。吉兆。

【小田雪窓】
臨済宗の僧。大徳寺五百六世。姓は小田、雪窓は道号、諱は宗甫、室号は蔵暉。五百三世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年(1966)寂、65才。

by yoshinoen | 2013-04-08 16:29 | 禅語
2013年 04月 06日

宋胡録香合

d0163196_17451410.jpg

d0163196_17454516.jpg

d0163196_17464164.jpg

大野鈍阿 作 


■宋胡録(すんころく)
タイの古陶に対しての日本での呼称。名称は主産地メナム川の中流地方のスワンカロクに由来する。14―15世紀ころに多く焼成された。素地に白化粧をし、その上に簡単な鉄絵模様を描いた合子(ごうす)類が日本へは桃山~江戸初期に将来され、茶人に好まれた。

by yoshinoen | 2013-04-06 17:57 | 茶道具