人気ブログランキング | 話題のタグを見る

茶道具よしの園のブログ

yoshinoen.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 28日

飛来一閑

飛来一閑_d0163196_12152763.jpg
飛来一閑_d0163196_12155460.jpg
飛来一閑_d0163196_12162671.jpg

黒平棗 得水在判

■11代 飛来一閑(ひきいっかん 1791(寛政3)年~1872(明治5)年)
幼名を弥太郎・才次郎、通称を才右衛門、号を有隣斎・一閑、法号を釈実閑、俗称を花丸一閑・ウリ一閑という。
1818(文政元)年、26歳の時11代飛来一閑を襲名。初代以来の名手と称され、中興の祖と仰がれる。


■金森得水(かなもりとくすい 1786(天明6)年~1865(元治2)年)
江戸時代後期の茶人。茶道を表千家10代千宗左に学ぶ。
伊勢国(三重県)田丸藩主久野家の家老。
名は仲、字は長興。自ら琴屋叟と称しのちに得水と改め、別に玄甲舎と号した。
文武両道に通じ、茶事に精通し、且つ陶器の鑑定にも定評があった。
著書に『古今茶話五十巻』『習事十三ヶ条』などがある。

by yoshinoen | 2013-05-28 14:01 | 作家紹介


<< 茶杓  淡々斎 作      永楽即全 >>